【社会】ひきこもり対策 中高年への支援を強化したい 就職活動のつまずきや離職をきっかけにひきこもりが長期化した例が多い ★

【社会】ひきこもり対策 中高年への支援を強化したい 就職活動のつまずきや離職をきっかけにひきこもりが長期化した例が多い ★
1: 孤高の旅人 ★ 2018/08/27(月) 05:57:38.51 ID:CAP_USER9
ひきこもりの長期化と高年齢化が深刻になっている。

主に若者の問題とされてきたため、支援体制が十分とは言えないのが実情だ。対策の強化を急ぐ必要がある。

内閣府は年内にも、40歳以上を対象としたひきこもりの実態調査に乗り出す。
これまでの調査は、30歳代までに限定していた。いじめや不登校などに関連しているとの認識だったためだ。

2015年の内閣府調査では、ひきこもりの人は54万人と推計される。
10年調査の70万人より減ったものの、4分の1を占めていた35~39歳が40歳代になり、対象から外れた影響が大きい。

ひきこもり期間は「7年以上」が35%で最も多く、長期化の傾向が顕著に表れている。
40歳を過ぎても社会参加できずにいる人が多いことがうかがえる。

把握されずにきた中高年に焦点を当てるのは妥当だ。
ひきこもりは、本人や家族がつらいだけでなく、労働力が減る中で、社会的な損失も大きい。調査結果を有効な支援策につなげてもらいたい。

自治体の調査などからは、中高年の増加が明らかになっている。山梨県の調査では、ひきこもりの6割超を40歳以上が占めた。

就職活動のつまずきや離職をきっかけにひきこもり、長期化した例が多いとされる。
バブル崩壊後の就職氷河期に社会に出たものの、不安定な職を転々とするうちに、心身とも疲弊した、というのが代表的パターンではないか。

長期化するほど、解決は難しくなる。頼りの親が高齢化し、経済的にも苦しくなりがちだ。

福祉の現場では、80歳代の親と50歳代のひきこもりの子の家庭が孤立し、困窮する問題が注目されている。
親の介護サービス利用を機に発覚する例は少なくない。親子双方が亡くなってから発見されたケースもある。

中高年のひきこもりは、本人の心身の病気も含めて、概して複合的な問題を抱える。関係機関が連携して、重層的に支えたい。

都道府県は「ひきこもり地域支援センター」を設置しているが、専門職による支援体制は十分ではない。きめ細かな家庭訪問や当事者が集う居場所作りが大切だ。

秋田県藤里町では、福祉施設などでの多様な就労体験の機会を提供し、自立を後押しして成果を上げている。ひきこもり経験者が当事者の相談に乗る取り組みも、各地で広がりつつある。

家族で抱え込まず、早期にSOSを出せる環境作りも重要だ。

http://news.livedoor.com/article/detail/15202295/
2018年8月24日 6時0分 読売新聞

★1:2018/08/24(金) 07:30
前スレ                
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1535288984/

8: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 06:05:30.41 ID:NrfHdOTP0
>>1
海外のひきこもりはどうやって仕事を探しているのか教えろ
そういうのを教えないと進歩はないぞ

383: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 07:48:43.12 ID:qpiyxG7u0
>>8
兵役

79: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 06:51:00.03 ID:Xq/zxUJe0
>>1

日本でよく問題とされるニートだが、ヨーロッパでは統計として日本の10倍はいることになっている
だから日本特有の問題ではないし、恥じたりするのは問題解決を不可能とするので、ヨーロッパのように明るく生きる
(ただこれは単に堪え偲ぶことを意味しない)という選択肢もある

ヨーロッパとの最大の差は宗教だろう

日本を自由主義国家のスタンダードとなる、キリスト教にするのは不可能だが、
現代法華経(日蓮諸宗等)、浄土真宗、天台宗、現代密教、進歩的神道あたりの自由主義と対立しない経典を学べるように
学校教育を変えたほうが良いとは考える(それによって詐欺師に騙されないように耐性を身につける)

表面の社会的成功以上のものが人生にあるという理解は、失敗に対する強さを与えてくれる

過度な物質主義、唯物論は、敗者には耐え難いが、自由主義で敗者を作らないことは不可能だからだ
(例えば入りたい学校、やりたい仕事・肩書があっても自由競争をするのであれば、失敗はつきものだ)
精神論もエゴイズムでなければ、社会には有用となりえる

死を意識すること、身近にすることが宗教の本質
人間は自らが死ぬことを、意識することはないし意識から切り離している

それが仏教、キリスト教、神道の原点といってもよいはずだ

人間が成長する上で家族を持つこと、子供を育てることを上げるものがいるが
これは動物としての自然が強制したもので、文明とは違う。単なる動物としての生命をまっとうすることと、偉大な人生を過ごすことは全く違う

5年後、10年後、30年後死ぬとすれば、それが単なる終わりなのか 。何かを残そうとするかで人生は全く違うものとなる

宗教は死を単なる個人のものとせず、自らよりも大きい物のために、残された時間を有効に生きることに使わせてくれる(軍人の多くが宗教家である事も関係してくる)

84: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 06:52:35.86 ID:E//meN7q0
>>79
宗教は糞関西人がでしゃばるだけだからアウト

103: 名無しさん@1周年 2018/08/27(月) 06:56:24.82 ID:Xq/zxUJe0
>>1

仏教は無神論でもないし、輪廻思想は教義の中心にある

https://ja.wikipedia.org/wiki/聖求経

(日本語;参考現代語)
苦労して会得したものを、なぜ私が説かなければならないのか
貪(ラガ)と瞋(ドーサ)に支配された人々が、この法をよく悟ることは難しい
これは流れに逆らうもので、見がたく甚深であるものだから
貪に支配され、暗闇に覆われた者には見ることができないのだ

そこで梵天が現れ、一部の人たちは悟ることができるであろうから、教えを説くよう釈迦へ懇願したのであった(梵天勧請)

(日本語;参考現代語)
どうか教えを説いてください。
穢れの少ない者たちもおり、彼らは教えを聞かなければ堕落してしまうが、
教えを聞けば法を悟ることができるでしょう。

釈迦はそれに応え、「流れに逆らうもの」としながらも、その教えを説くことを決意したのであった。

(日本語;参考現代語)
梵天よ、私はアムリタ(不死, 涅槃)の門を開くこととした。
耳を持つ者は聞け、私心を捨てよ。
説法では、皆の恐れを買わないよう注意深く言葉を選ぶので、
人々は高貴な言葉を得るであろう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/八正道

現世は存在する
来世は存在する
この世において、正しい道を歩み、正しく行じ、自らの智慧によって今世と他世を悟り、(それを他者に)説く沙門、バラモンは存在する

社会カテゴリの最新記事