【大阪】保育所が突然住宅街に…“何の説明もなし”に住民困惑 事業者「承認がおりていますので」/吹田市

【大阪】保育所が突然住宅街に…“何の説明もなし”に住民困惑 事業者「承認がおりていますので」/吹田市
1: ばーど ★ 2018/07/25(水) 10:25:00.90 ID:CAP_USER9
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180724-10000001-mbsnews-000-view.jpg

大阪・吹田市の閑静な住宅街に突如、建設されはじめた認可外保育所。周辺住民は当初、何の工事が始まったのかわからなかったといいます。事業者から事前に説明会などは開かれず、建設する旨の手紙が入っていただけで、周辺住民は困惑しています。

■突然始まった保育所の建設工事

7月9日、大阪の吹田市で建設が予定されている保育所の説明に来た事業者に対し、近隣の住民が怒りを爆発させました。

「まだ知らない人もいっぱいいるんですよ、周りに。ここに保育園が建つって。なぜなら看板の一つも立ってないから」
「そんなことで住民の理解をどうやって得るつもりですか。得る気がないですよね」

きっかけは6月。閑静な住宅街の中にある駐車場に使われていた土地で民間業者が突然、認可外の保育所の建設工事を始めたのです。オープンは来年4月で0歳から5歳児までの子ども60人を受け入れる予定だということですが、住民は当初、何の工事が始まったのかすらわからなかったといいます。

■保育所の必要性はわかっていても…
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180724-10000001-mbsnews-001-view.jpg

「驚きでしかなかった。ここなんですかと、何の話も聞いていないと」(山本さん・仮名)

建設現場のすぐ近くに住む山本さん(仮名・40歳)は、1歳の長男を持つ父親。子育て中の親として「保育所」の必要性は十分認識しています。では一体なぜ、山本さんは怒っているのでしょうか?

「ここに保育園が建設されるということなんですけれども、我々の方には紙が一枚投かんされていただけで、当初は何の説明もなかったような状況ですね」(山本さん)

建設工事が始まる直前、近隣の住宅のポストには「認可外保育所の建設工事を開始する」という内容の手紙が投かんされていました。事業者が事前に説明会などを開くことはなく、一方的な通告だったといいます。

「この紙だけで地図などもなかったので、まさか家のすぐ隣に建つとは、紙の案内だけではわからなかったです」(山本さん)

そして、住民にとってはもっと深刻な不安があります。保育所の建物が立った場合、住宅から一番近いところで約1メートルしか離れていないのです。

■事業者「計画変更は行わない」
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180724-10000001-mbsnews-002-view.jpg

住民たちが何度も説明会の開催を要望した結果、7月9日になって急遽、説明会が開かれました。

(住民側)「家の裏も園庭になるって、どんな感じの園庭かもわからないし、どれくらいの砂が飛んでくるかわからないしってなったら、やっぱり気持ちは良くない」
(事業者の社長)「近隣のみなさんの迷惑になるようなことになったとしたら、砂ぼこりがたたないように人工芝に変えるであるとか…」
(住民側)「造る前に砂ぼこりがたつかもしれません、たった場合には芝生に変えますと、今のように説明してもらったら、砂ぼこり少々たっても子どものすることでいちいち言っていかない」

事前の説明が一切なかったことに不安を募らせていた住民ですが、「計画変更は行わない」と話す事業者への不信感を一層強める結果となりました。

(住民側)「図面ができあがったら(変更せず)そのままということ?」
(事業者の社長)「そうですね」
(住民側)「そんなことないでしょ。さすがにそこはおかしくないですか」
(事業者の社長)「承認がおりていますので、今から変更ということはちょっと難しい」

■認可外は“開園後1か月以内”の届け出でOK
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180724-10000001-mbsnews-003-view.jpg

今、こういった保育所の建設をめぐるトラブルは各地で起きています。現在、大阪府内には649人の待機児童がいますが、国は「待機児童ゼロ」を実現するため新たに認可外の保育所を開設する事業者などに対して、施設の整備費用や運営費を補助するなど積極的に後押ししています。ところが、新たな施設の開園を急ぐあまり地域住民への説明が十分に行われず、反対運動が起こってしまったケースもあります。

>>2以降に続く

7/24(火) 13:50
MBSニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-10000001-mbsnews-l27&p=1

2: ばーど ★ 2018/07/25(水) 10:25:12.24 ID:CAP_USER9
>>1
また、自治体が認可している保育所の場合は事前に建設予定地などを把握できるため、事業者に対して周辺住民への説明を行うよう指導することができますが、今回のような認可外の保育所の場合は事前に届け出る必要はなく、事業者は開園した後、1か月以内に届け出を出せばよいことになっているため、事前に把握することが難しいのです。このため、事前の説明会などに関しては今のところ事業者の主体性に任せるしかないのが現状です。専門家は「保育施設にとって、地域の理解は不可欠だ」と話します。

「保育所側としても、地域の方々に見守ってもらえるような運営ができるように、地域住民の理解が得られるような働きかけ・説明が必要になってくる」(平安女学院大学・子ども教育学部 松本歩子講師)

■意見は意見として真摯に受けとめたい」
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180724-10000001-mbsnews-004-view.jpg

では、今回はなぜ、もっと早く住民への説明をしようとしなかったのか。事業者の社長に話を聞いてみると…

Q.住民への説明会がこのタイミング?
「工事が始まる段階で言った方がいいんじゃないかと、私の中では前倒しで早めに行ったつもりではありました。結果、住民の方々にしてみては、ちょっと遅いという話だった。それは真摯に受けとめたいと思っています」(事業者の社長)
Q.地域の住民はこんな状況では進めてほしくないと?
「真摯に受けとめたいと思う。意見は意見として真摯に受けとめたい」

社長は「真摯に受けとめる」を繰り返すばかり。いまだ納得のいく説明が得られない住民たちの怒りは収まりません。

「私らと向こう側の温度差は全く違いますし、歩み寄る気がない。住民の理解を得るまでは、工事に関しては一旦止めていただきたい」(山本さん)

22: 名無しさん@1周年 2018/07/25(水) 10:31:45.10 ID:fX8nVWGd0
子供の声は騒音!
私たちが子供の頃は静かだった!

老後の静かな暮らしを返せ!
老後の年金ももっと増やしなさい!

私たちが働いた日本は豊かだったのに!
今の若者が怠けているから日本が傾いた!

今の子育て世代は悪い!
その子供たちも悪い!

老人をいたわる優しい日本は何処に行ったの!
今の働き盛りは豊かな日本を取り戻しなさい!!

>>1は↑こういう考えの老人が文句言ってるだけなので、放置でいいと思う

54: 名無しさん@1周年 2018/07/25(水) 10:41:43.98 ID:+PUT8qTN0
>>37
首都圏で保育園反対運動が起こったって話があったな
保育園がちかけりゃ若い人も住むのにね

278: 名無しさん@1周年 2018/07/25(水) 11:22:45.79 ID:a8qvudn80
>>54
子どもが小学生になったらむしろ保育園のそばなんか住みたくないよ
保育園児が飛び出してきてケガさせるかもしれんし
近所の公園園児に乗っ取られるし

215: 名無しさん@1周年 2018/07/25(水) 11:14:27.98 ID:1RaeWvX20
>>130
確かに何故住宅街に作るんだろな

229: 名無しさん@1周年 2018/07/25(水) 11:16:22.80 ID:IOw2LaiS0
>>215
商業地は土地代が高いからじゃね?
保育所なんて助成金がなければ成り立たない薄利だから、
初期費用にそこまでお金をかけれない。
住宅地なら家の値段だし。

大阪カテゴリの最新記事